出版文化社よりメッセージ
Share (facebook)

書籍の説明

介護する人もされる人も気持ちよく過ごすためのヒントが、メンタルトレーニングにあった。自分のコンディションを整える方法、介護される人との信頼関係の築き方など。

介護する人もされる人も気持ちよく過ごすためのヒントが、メンタルトレーニングにあった。

スポーツ選手が行うメンタルトレーニングとは、試合で最高のパフォーマンスを発揮するために、プレッシャーやストレスに負けない強い心を育てるトレーニングです。

本書は、このトレーニングのやり方や考え方を介護に応用させた初めての本です。

二部構成になっており、第一部では、介護をする自分自身のコンディションを整える方法、介護に向き合う心構えについて解説しています。第二部では、介護される人との信頼関係の築き方、心の開かせ方、自信の高め方を紹介しています。

いつでも、どこでも、気軽に始められるメンタルトレーニングで、自分の気持ちをコントロールできるようになれば、介護は今よりきっと楽になります。

目次

  1. 第1部 自分のコンディションを整える
  2. 1 メンタルトレーニングとは
  3. 2 介護に向き合う心構え――プラス思考を育むトレーニング
  4. 3 イライラを静め、気分を上げる――気持ちをコントロールするトレーニング
  5. 4 介護者としての健康管理術――セルフ・コンディショニング
  6. 5 余裕が持てる自分達の介護――やる気を高めるトレーニング
  7. 6 技術を高め、不測の事態に備える――イメージトレーニング

  8. 第2部 介護を受ける家族と良い関係を築く
  9. 1 自分を「コーチ」、介護を受ける家族を「選手」とすると
  10. 2 介護する自分がコーチとして心掛けること
  11. 3 心を開かせる
  12. 4 信頼関係を築く
  13. 5 自信を持たせる
  14. 6 相手の脳を刺激する
  15. あとがきにかえて 自分が「選手」になった時

著者略歴

高橋浩一

医学博士、日本プロボクシングコミッションドクター   1965年 宮城県仙台市生まれ 東京慈恵会医科大学卒業後、同大学脳神経外科、米ロサンゼルス小児病院、南カリフォルニア大学を経て、現在山王病院脳神経外科勤務。脳脊髄液障害治療のスペシャリスト。病気やケガに悩む患者さん達の役に立てばと、2007年より東海大学体育学部競技スポーツ学科の高妻容一教授の下で、メンタルトレーニングを学ぶ。