堺屋太一シリーズのご案内

日本 米国 中国 団塊の世代

日本 米国 中国 団塊の世代

  • *堺屋太一 編著 浅川港、ステファン・G・マーグル、葛慧芬/林暁光
  • *体裁:四六判 上製本 232頁
  • *価格:1,600円+税
  • *ISBN 9784883383894
  • *発売日:2009年 03月29日発売
  • ・堺屋太一の『団塊の世代論』集大成、いよいよ刊行!
  • ・3カ国の彼らはどういう時代を生き、何をしようとしているのか? 世界大不況との関係とは?
  • ・図表約30点・日米中比較年表を掲載。各国の世代と時代を克明に描く。
  • ・団塊世代よ、決して諦めるな! 君たちにはまだ未来がある。 君たちが諦めずに働き、働こうとすることで、 新しい文化がこの地球に育つのである。(堺屋太一、本文より抜粋)
この本のご購入はこちら

書籍の説明

●日本 団塊の世代:プロベーション(保護観察)世代−豊かさの夢を信じ破られた世代
●米国 ベビーブーマー:ウッドストック世代−客体であり続けた世代
●中国 老三届(ラオサンジエ):文化大革命世代−利用され捨てられた世代

日本、米国、中国の60歳を過ぎた著述家が、それぞれの国の団塊の世代の人生、時代背景、喜びと苦悩を書き下ろす。これら原稿を全て読了した上で、堺屋氏が原稿を書き下ろした、団塊の世代論の総括ともいえる書籍です。

堺屋氏は今日の世界大不況と団塊の世代との関係についても触れ、この危機をチャンスに転化して、日本経済が復活していく未来像を描いています。

著者略歴

[編著]
堺屋太一(さかいや たいち)

作家、元経済企画庁長官。1935年大阪府生まれ。60年東京大学経済学部卒業後、通商産業省(現・経済産業省)入省。70年日本万国博覧会を手がけた。78年に同省を退官、以降、テレビ、新聞、雑誌等で幅広い執筆・講演活動を続ける。
一方で、政府税制調査会委員、国会等移転審議会委員、財団法人大阪21世紀協会常任理事などを務め、98年小渕内閣で経済企画庁長官に就任。その後も東大先端研客員教授、愛知万博顧問などを務める。
主な著書に『油断!』『団塊の世代』『巨いなる企て』『峠の群像』『秀吉』『知価革命』『千日の変革』『組織の盛衰』『欣求楽市』『平成三十年』『世界を創った男 チンギス・ハン1〜4』『大激震』など、多数ある。

[日本]
浅川 港(あさかわ みなと)

1947年山梨県北杜市生まれ。一橋大学卒業後、71年講談社入社。『知的生活の方法』などを担当後、スタンフォード大学コミュニケーション学部修士課程 に留学、78年修了。89年から講談社アメリカで英語での出版に従事し『Hope Dies Last』『Having Our Say』などの話題の書を刊行し、日米でベストセラーを生み出す。2000年に同社副社長退任、帰国後は経営コンサルティングに従事。著書に、『まず、日 本的人事を変えよ!』(共著、ダイヤモンド社)、『NYブックピープル物語』(NTT出版)、『世界で最も賞賛される人事』(編著、日本実業出版社)など がある。

[米国]
ステファン・G・マーグル(Stephen G. Magel)

1948年インディアナ州インディアナポリス生まれ。インディアナ大学卒業。アリゾナ州立大学博士課程在籍、ペッパーダイン大学から博士号を授与。
ロサンゼルス市教育委員会副理事(2005年退任)。現在、インディアナ大学、アリゾナ州立大学、カリフォルニア州立大学で教鞭をとる。

※米国の原稿は、岩下慶一(〔いわした・けいいち〕神奈川県横浜市生まれ。関東学院大学卒業。ワシントン大学コミュニケーション学部修士課程修了)氏の翻訳による

[中国]
葛 慧芬(カズ スイフン/Ge Huifen)

中国深せん大学国際交流学院助教授。1955年中国江蘇省生まれ。82年中国寧夏大学卒業。中国湖南省中南大学社会科学部助手を経て、90年立命館大学大 学院修士課程修了、97年東洋大学大学院博士課程修了。98年〜2005年金沢学院大学基礎教育機構助教授を経て、2005年4月から現職。主な著書に 『文化大革命を生きた紅衛兵世代―その人生、人間形成と社会変動との関係を探る』(明石書店)、『伝統VS新しい中国人―日本人との比較』(共著、白帝 社)など多数。

[中国]
林 暁光(リン ショウコウ/Lin Xiaoguang)

中国深せん大学マスコミ学院教授。1955年中国湖南省生まれ。82年中国寧夏大学卒業。新聞社のジャーナリストを経て、88年より日本の中央大学大学院 に入学、94年同大学大学院博士課程修了。社会学博士。94年金沢学院専任教員に就任、同大学文学部教授を経て2005年から現職。主な著書に『現代中国 のマスメディア・IT革命』(明石書店)、『千変万化の中国』(共著、白帝社)など多数。

※中国の原稿は、丁 舒晟(〔Ding Shushen〕中国杭州生まれ。北京大学大学院日本語学科修了、慶応義塾大学大学院修了)氏の翻訳による。

目次

  • 序 「団塊の世代」は世界でどう生きたか
  • 第1章 団塊の世代−最後の試練−09年世界大恐慌
  • 第2章 ベビーブーマー−米国の団塊の世代
  • 第3章 中国現代史の証人−中国の団塊の世代
  • 第4章 日本の団塊−敗戦が生んだプロベーション(保護観察)世代
  • 付 表 日米中比較年表 1900〜