出版文化社よりメッセージ

代表者挨拶

このページは英語・中国語に対応しております。 ENGLISH / CHINESE

私たちの夢「著者と同じ夢を見る出版社になろう!」

このたびの東日本大震災におきまして、こころならずも犠牲になられた皆様方に、心より哀悼の誠を捧げます。
また、被災された皆様方、そして福島第一原発の事故により、避難を余儀なくされた皆様方には、心よりお見舞いを申し上げます。

著者と「同床同夢」の出版社に
代表取締役 浅田厚志

出版ビジネスは、古来「他人のフンドシで相撲をとる」ビジネスです。出版社自体にコンテンツはなく、著者がもっている著作物を、書籍という商品に仕上げて販売する機能が出版社の本質です。しかも、流通は取り次ぎ会社に、販売は書店に委託を する、という単純な機能です。
つまり、出版社の中はがらんどうで、著者と共にベス トセラー、ロングセラーを夢見る企画者、編集者がいるだけなのです。よって、著者 が見る夢は、出版社の夢であり、いかに著者の夢を実現させられるか、それが出版社の力と申せましょう。 弊社はまだまだ微力でありますが、4,000社といわれる業界にあって、現在、167番 台(雑誌、単行本の出版社を含む)に位置しており、数年以内に100位以内にはい ることを目標に、努力と研鑽をつづけております。

「著者と同じ夢を見て、夢を実現できる出版社」になるため、企画、編集、販売の技術の向上にいっそう尽力してまい る所存にございます。 なにとぞ、皆さまのご支援、ご教示を賜りますよう、お願い申し上げます。

株式会社出版文化社
代表取締役社長
浅田厚志